「日本にはグローバルで活躍できる人材がいない」「若者の理系離れで技術力が低下する」──。日本人の競争力について、そうした自虐的論調が幅を利かせるようになって久しい。だが世界には、そんなことをつゆほども考えていない企業が数多くある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2598文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年5月25日号 40~41ページより

この記事はシリーズ「特集 JAPAN RUSHING」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。