独メーカーのTOB(株式公開買い付け)を完了させたばかりだが息つく暇はない。従業員1万人を超える世界最大の工作機械メーカーのトップとしてかじを取る。規模を手にした今、何を目指そうとしているのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4755文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題