独メーカーのTOB(株式公開買い付け)を完了させたばかりだが息つく暇はない。従業員1万人を超える世界最大の工作機械メーカーのトップとしてかじを取る。規模を手にした今、何を目指そうとしているのか。