日本の弱電メーカーがグローバル市場で苦戦を強いられている。昭和50年代頃だろうか。日本の多くの会社が「ぶらぶら社員制度」を導入していた。ぶらぶら社員制度とは、一定期間、社員を日常の仕事から解放し、自由な発想を促すものだ。