日本の弱電メーカーがグローバル市場で苦戦を強いられている。昭和50年代頃だろうか。日本の多くの会社が「ぶらぶら社員制度」を導入していた。ぶらぶら社員制度とは、一定期間、社員を日常の仕事から解放し、自由な発想を促すものだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1528文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年5月25日号 100ページより目次

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。