産業界の中には、単なる円高対応ではなく「為替変動の影響から逃れる体制」を敷いたにもかかわらず、円安局面で思わぬ「機会損失」を被っている企業もある。一例が工作機械大手、ツガミだ。