米国産主食米に対する輸入枠の新設が争点になった。オバマ米大統領は「日本市場をより開放することに、なぜ反対するのか分からない」と述べたようだ。日米交渉が大詰めを迎え、東京で閣僚協議が始まるのを前に、TPP(環太平洋経済連携協定)に慎重な米民主党議員の動きをけん制したのだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1152文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

日経ビジネス2015年5月18日号 97ページより目次

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。