消費増税の影響もあったが、インバウンド効果で2014年度決算は増収増益。ベトナム、タイへの出店も控えており、攻めの姿勢を崩さない。将来を見据え、外部企業との提携による新規事業にも知恵を絞る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4684文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。