かつて日本が急成長していた時代は、たくさん働き、たくさんモノを作って売れば、それに比例して成長ができた。だが、大量生産・大量販売のモデルは韓国、中国に移ってしまった。しかも最近では、韓国、中国ですら成長が鈍化している。日本はもはや元には戻れない。新しい道を探らなければならない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1556文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「賢人の警鐘」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。