サッポロビールが国税当局に求めていた「極ゼロ」の酒税115億円の返還が拒否された。メーカーが当局と対立するのは異例だが、同社にも引くに引けない理由がある。ビール系飲料の酒税改正を見据え、機能性商品の拡充が戦略上欠かせない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1436文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年5月18日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。