就職活動が本格化したが、早くも疲弊する学生が増えてきた。インターンシップの増加や就活時期の二極化で就活期間が長期化。これが学生を追い詰める原因の一つになっている。