輸出産業の中には、生産拠点を海外に移すなど、事業構造を完全に円高対応に切り替えた企業も存在する。彼らにとって、「今さらの円安」は災厄以外の何物でもない。