円安になれば、国内業者の海外での競争力はおのずと高まる。だが、市場が消えてしまえば、売り上げが増えることはない。そんなミステリー小説さながらの状況に、日本を代表する輸出産業が陥っている。