エイブラハム・リンカーン暗殺事件から、150年が経った。この悲劇を取り上げた本やドラマは数知れない。暗殺者が待つとも知らず劇場に向かったリンカーン。大統領のボックス席で一発の銃声が響き、犯人の俳優ジョン・ウィルクス・ブースは舞台に飛び降りる。リンカーンは劇場前の下宿屋に運ばれ、翌朝息を引きとった。だが、その後のことはあまり知られていない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1232文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年5月18日号 88ページより目次

この記事はシリーズ「CULTURE(2015年5月18日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。