アジア通貨危機が起きた1997年、韓国はタイ、インドネシアに続いて国際通貨基金(IMF)に救済を求めました。韓国のIMF管理体制は2001年に終わりましたが、この時期に一部の財閥が解体されたことをご記憶の読者も多いと思います。