米国の利上げの動向に注目が集まる。6月説はなくなり、秋か年末との声が広がる。日銀の追加緩和の行方次第で円ドル相場はまた波乱があり得る。メガバンクのエコノミストに聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題