国内重電3社の中で営業利益率が最も高く、地味な存在ながらも効率経営を続ける三菱電機。その堅実さは大きな特徴で、近年の象徴的な施策が「事業間連携」と「長期的視野の研究開発」だ。2つの取り組みの具体例を通じ、堅実経営の強さの秘密に迫る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4892文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「企業研究」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。