立ちはだかる壁にぶつかりもがく財閥。それを横目に、新興企業は世界の先を行く技術で、着実に覇権を握ろうとしている。サムスンの次を担う企業は生まれるだろうか。