ウォン高や財閥の行き詰まりに苦しむ韓国経済。企業にとってはこれから先、さらなる難題が待ち受けている。最も大きいのは、少子高齢化をはじめとした構造問題の負担がのしかかってくることだ。これまで軽い社会保障費や税の恩恵を享受してきた企業は一転、重荷を背負う。その負担は同様の課題で先進国とされてきた日本をも上回りかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2859文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 韓国 脱財閥へのもがき」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。