ウォン高や財閥の行き詰まりに苦しむ韓国経済。企業にとってはこれから先、さらなる難題が待ち受けている。最も大きいのは、少子高齢化をはじめとした構造問題の負担がのしかかってくることだ。これまで軽い社会保障費や税の恩恵を享受してきた企業は一転、重荷を背負う。その負担は同様の課題で先進国とされてきた日本をも上回りかねない。