債務超過に陥って15年。業績が改善する兆しが見えない。路線バス事業の赤字を旅行業などで補ってきたが限界に。政府系ファンドの支援を受けて、再出発する。