半導体製造装置で世界最大手のアプライドと、東京エレクトロンの経営統合が破談になった。直接の原因は、米司法省の認可を得られなかったためと言われる。だがその背景には、両社の統合に危機感を抱くある黒幕の存在がある、という見方が強い。