ヤマトグループは2013年、「バリュー・ネットワーキング」という新たな構想を打ち出しました。狙いは付加価値を生む物流の創造です。