経営者が判断を下すためには、常に新たな情報を取り入れ、時流を捉え続けなければならないことは言うまでもない。だが我々は今日、怒涛のように流れ込む情報の渦の中に生きている。