経営陣が指示せずとも社員が自発的に動き、生産効率や顧客満足度を高める。そんな日本企業の現場力が、産業を問わず崩壊の危機に瀕している。日本企業が持つ最大の強みを破壊した責任は、他ならぬ経営陣自身にある。