公共インフラの運営に民間の資金やノウハウを活用する動きが本格化する。5月には関西国際、仙台両空港で運営権売却の入札があり、水道、道路にも広がりを見せる。一方、入札を巡っては参加企業に戸惑いも。先行例から、民間投資を生かす条件を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8725文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。