「規模」が強さではなくなった時、企業は新たな成長モデルを何に見いだせばよいのか。再編機運が高まる中で、「物量」ではなく知恵の総量、いわば「知量」が適者生存の条件になる。