ドイツで開かれた世界最大の産業見本市は、工業のデジタル化構想「インダストリー4.0」一色だった。人と協調するロボット、ブロックのように組み替え可能な生産ラインなど、構想実現に向けた技術開発が進む。他方、新しいモノ作りに対応するためには企業自体の変革も求められる。欧州企業が直面する「ハードル」とは。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2816文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題