京都大学iPS細胞研究所が武田薬品工業と共同研究契約を結んだ。再生医療で出遅れていた武田との包括提携は、世間に驚きを与えた。決め手は、製薬企業の競争力である「タネ」の思い切った開示だった。