4月12日に、10道県知事戦と5政令市長選などが投開票された統一地方選の前半戦──。与野党相乗りが続く中、与党と野党の推す候補の対決で注目されたのが、北海道と大分県の知事選だ。結果は与党側の現職が勝利。自民党の大勝を阻止できなかった2人の「敗軍の将」が敗因を語った。