脳梗塞など、これまで根治できなかった難病の治療に道が開ける。iPS細胞など万能細胞を使う再生医療の実用化が見えてきたからだ。関連製品の早期承認も認められ、“夢の技術”は離陸段階に入った。