米国を代表する美術館の一つ、ワシントン・ナショナル・ギャラリー(NGA)。コレクションの大部分は一般市民からの寄贈によるもので、それだけに国民の愛着は深く、米国人なら必ず一度は訪れると言われている。