負のスパイラルから脱却するため、ソニーは「普通の会社」を目指し始めた。開発体制を見直し、デバイスの外販事業を強化。自前主義も返上する。リスクを承知の上で、「あの頃のソニー」をいったん封印する。