負のスパイラルから脱却するため、ソニーは「普通の会社」を目指し始めた。開発体制を見直し、デバイスの外販事業を強化。自前主義も返上する。リスクを承知の上で、「あの頃のソニー」をいったん封印する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8006文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ソニーが変われぬ 10の理由」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。