全国農業協同組合中央会の萬歳章会長が任期途中の8月で辞任する意向を表明した。政府主導の農協改革を受け入れたことに対するけじめを付け、安倍晋三政権との関係をリセットする狙いがある。TPP交渉への反対を主導してきた全中の政治力低下は必至で、大詰め段階の交渉の追い風になりそうだ。