三菱重工業と三菱航空機は小型ジェット旅客機「MRJ」の初飛行の時期を9~10月に変更した。経営陣は過去に3度繰り返した延期ではなく、「見直しだ」と強調する。顧客への納入時期で負けられないという危機意識が、計画変更を後押しした。