昨年9月に名古屋製鉄所で発生したコークス炉の石炭塔爆発事故。4月7日に事故原因の調査報告書が公表されたが、真相はいまだ闇の中だ。現場のミスか、はたまた管理者の指示か。報告書への記載はない、後者の可能性も浮上してきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1311文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2015年4月20日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。