過重労働問題をきっかけに「ブラック企業」と批判され続けてきたゼンショーHD。昨年10月に内定を出した学生の辞退者は実質ゼロと、同業他社も驚かせた。内定者向けの説明や保護者への手紙など、人事部主導の手厚いケアが奏功した。