合併で日本を代表する存在になったメガバンクを舞台とする経済小説。実際に起きた事件や出来事も物語中に織り込み、リアル感たっぷり。過去や私生活に“ワケあり”の登場人物たちが、人生を背負って闘いに挑む姿に興味をそそられ、どんどん引き込まれる。