ホンダの伊東孝紳社長が口にした「世界販売台数600万台以上」は、ただの打ち上げ花火だったのか、具体的な目標だったのか。それは定かではないが、最近のホンダが数字を追う社風になっていたのは確かなようだ。結果として万人向けの車を開発するようになり、市場にソッポを向かれ始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1268文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「往復書簡」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。