ホンダの伊東孝紳社長が口にした「世界販売台数600万台以上」は、ただの打ち上げ花火だったのか、具体的な目標だったのか。それは定かではないが、最近のホンダが数字を追う社風になっていたのは確かなようだ。結果として万人向けの車を開発するようになり、市場にソッポを向かれ始めた。