海運会社の経営は日々、荒波の中を進んでいくようなものです。荷動きは世界経済の先行き次第で増減します。船の運賃、燃料はドル建てですから収支は原油市況、為替の両にらみです。おかげさまで2015年3月期は経常利益が6年ぶりの水準まで回復しましたが、回復と悪化を繰り返すようでは本当の収益力とは言えません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1306文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題