総合化学メーカーでありながら、原油価格に左右されない経営体質を作り上げた。CEOが自ら「ペース・セッター」となり、鈍重な巨象を俊敏な組織に変える。復活を遂げる米国製造業の盟主は日本への警鐘を鳴らす。