総合化学メーカーでありながら、原油価格に左右されない経営体質を作り上げた。CEOが自ら「ペース・セッター」となり、鈍重な巨象を俊敏な組織に変える。復活を遂げる米国製造業の盟主は日本への警鐘を鳴らす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4722文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「インタビュー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。