ECBの金融政策が功を奏し、ユーロ圏の景気は回復基調にあるようだ。しかし、内外の政治状況や相変わらずの緊縮策など、成長を阻害するリスク要因は多い。ドイツが内需を拡大する刺激策を取らない限り、持続的な回復は保証されない。