中国で「専車」という配車アプリが普及し、タクシー市場を席巻している。専車は、タクシーより料金は高いが、サービスの水準が高く確実につかまる点が人気だという。ネットの活用は李克強首相が全人代で打ち出した方針でもあり、既存のタクシー業界の危機感は強い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3414文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2015年4月13日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。