中国で「専車」という配車アプリが普及し、タクシー市場を席巻している。専車は、タクシーより料金は高いが、サービスの水準が高く確実につかまる点が人気だという。ネットの活用は李克強首相が全人代で打ち出した方針でもあり、既存のタクシー業界の危機感は強い。