大手企業こそが日本経済の主役であり、中小企業やベンチャーはそれに従う。長く続いてきた、そんな役割分担は、根底から変わろうとしている。この20年間、インターネットの登場やその普及とともに、IT(情報技術)分野でイノベーションの担い手は大手からベンチャー企業へと転換した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2135文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2015年4月13日号 42~43ページより

この記事はシリーズ「特集 大手は子に従え」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。