日本代表監督に就任したアギーレ氏に八百長疑惑が浮上し、半年で解任。招聘した当時は悪い噂もなく、身辺調査を怠っていたと反省する。後任選びではスイスの会社に人物調査を依頼するなど、万全を期したという。