日経平均株価は約15年ぶりとなる2万円の大台を3月末にも回復するとの見方が強まっていた。しかし急ピッチの上昇への反動もあって終盤に失速し、期待は肩透かしに終わった感がある。相場をけん引してきた公的マネーも買い支えず。だが官邸からは意外にも安堵の声が漏れてくる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2262文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題