トヨタ自動車が2013年から「凍結」していた新工場への投資を再開する。2018年に中国で年10万台、2019年にメキシコで年20万台の工場を立ち上げる。初期投資を4割抑えるなど、需要変動に強い工場への自信が「凍結解除」を後押しした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1395文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題