日本郵政グループが発表した中期経営計画に失望感が広がっている。目玉が純利益の50%以上を配当に回す投資家対策だったからだ。今秋の株式上場を控え、成長戦略を示せない郵政グループの前途は多難だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1360文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題