日本郵政グループが発表した中期経営計画に失望感が広がっている。目玉が純利益の50%以上を配当に回す投資家対策だったからだ。今秋の株式上場を控え、成長戦略を示せない郵政グループの前途は多難だ。