様々な混乱を職場にもたらす可能性がある2015年4月入社組。だが彼らは閉塞感に包まれた日本企業の現場に、新風を吹き込む潜在力も秘めている。今年の新人をつつがなく受け入れるための先進企業の工夫の数々を紹介する。