日本を訪れる観光客に象徴されるように、中国は豊かになった。今後はがむしゃらとも言えた高度成長から、安定成長と構造改革の両立を目指す。それが「新常態」の意味するところだ。問題は、本当に構造改革を進めることができるか否か。カギの一つとなるのが金融の自由化だ。