日本企業にとって、「新常態」は決してネガティブな変化ではない。中国との向き合い方を変えれば、宝の山はまだまだある。成長が鈍化する中でもしたたかに稼ぐ、5つの鉄則を紹介する。