中国主導で年内に設立するアジアインフラ投資銀行(AIIB)への参加を表明する国々が相次いでいる。対中関係重視やアジアでの自国企業の事業拡大のためで、経済力をテコに主導権確保を狙う中国は勢いづいている。日本は米国と足並みをそろえて当面「お手並み拝見」の構えで、慎重に参加の是非を判断する方針だ。