マツダが「パテントトロール(特許の怪物)」による特許訴訟を防ぐ企業連合に加盟。国内の自動車メーカーでは初めてで、業界でも米フォード・モーターに次ぐ。通信やインターネットを舞台としてきた特許紛争が自動車産業を襲い始めた。